Welcome to my blog

シュガートングのティータイム

Article page

アンテークシルバー ソルト入れ


11_201605010008022e9.jpg

「銀器のある
暮らし」

お塩が
登場しましたが

その時の
銀器です。








10_201605010008100da.jpg

端正で
美しい姿は

1700年代の
Hester Batemanを模したものだそうで

おサイズも
大きく

ネオクラシックで
気品が漂います。








13_20160501000740203.jpg

これを作った
Thomas Bradburyは

ヴィクトリア時代
後半から

20世紀
はじめにかけて活躍した

優れた工房
とのこと。

中の
ブルーグラスも

両方とも
オリジナルで無傷。。。

底部分は
星形にカットされていて

凛として
美しい。

出会ったときは
感激しました。








12_20160501000753364.jpg

英国 ロンドン 1897年
Thomas Bradbury


小さな
銀器に

こうして
想いを寄せて行くうちに

いつのまにか
好きになり

愛するように
なって

少しずつでも
銀器のことを

知りたいと
思います。





にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Category - アンティーク銀器・西洋陶磁器

0 Comments

Post a comment